診療科目

口腔外科・顎顔面外科・口腔内科

口腔外科では、口、アゴ、顔面の様々な病気やケガについて幅広く治療をしています。例えば、事故などによるアゴの周りの裂傷、歯の破折、アゴの骨や顔の骨の骨折、歯肉や顔面が化膿した場合の治療、親知らずなどの難しい抜歯、高血圧や糖尿病などの全身疾患を持った患者さんの抜歯、口を開けるとアゴが痛いなどの顎関節の病気、口唇口蓋裂、口腔がんなどに対する治療を行います。このほか、アゴの骨の変形に対して矯正歯科とともにかみ合わせを考慮した共同治療を行っています。

また、口腔がんの手術後などでは、噛む、飲み込む、話すことが困難になったり、手術痕による審美的問題が生じることがあります。
口腔外科では、これらに対する機能回復、形態的・審美的回復を目的とした専門チームによる一貫治療を行っています。

診療責任者 濱田良樹 教授 / 里村一人 教授
診療スタッフ 川口浩司、中岡一敏、藤原久子、熊谷賢一、長谷部充彦、重松宏昭、新井剛、金澤三四朗、佐藤光一郎、岡田奈穂子、山田秀典、中村那々美、石塚忠利、北條秀樹、平田朋子、今西明日香、星野達也、鈴木あすな、松本泰孝、中野康志、中村勇貴、斎田尚貴、長岡朋子、松原陵太、秋谷勇介、仲曽根康弘、橘裕美、西井達也、伊藤迪子、市川はるの、丸茂悠樹、中村泰輔、入澤真衣

佐藤徹、舘原誠晃、山近重生、豊田長隆、戸田麗子、寺田知加、梅木泰親、井出信次、堤千明、竹部祐生亮、藤永桃歌、瀧居博史、上野繭美、杉本龍太郎、杉山尚希、今村武浩、田所晋、福島龍洋、濱田経太、鍵和田美和、目黒友薫、菊池和紘、佐藤杏奈、関喜弘
▲ ページ先頭へ