診療科目

口腔顎顔面インプラント科

虫歯や歯槽膿漏、または交通事故、腫瘍などにより、歯を失った時、生まれながらに歯が生えてこなかった 場合など、チタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨の中に植えます。これにより、隣の健康な歯を削らずに 自分の歯のようになり、入れ歯の場合も安定します。
適応は殆どの症例で、あらゆる歯の喪失に対処します。
特殊なインプラントとしては、目、鼻、耳のない方の為に使われます。
また、インプラントに関する検査・診断・相談も受付けています。

診療責任者 佐藤淳一 准教授
診療スタッフ 野村隆祥、鈴木恭典、積田光由、三宅一永、渡邊恒明、黒川貴史、小川勝久
▲ ページ先頭へ