診療科目

臨床検査部

臨床検査部では、患者様の体について病気があるのか無いのか、あるとすればどこが悪いのか、をさまざまな分析手段を駆使して調べ、医師の診療をサポートしています。臨床検査には大別すると、生理検査と検体検査となります。
生理検査とは患者さん自身を検査することで、呼吸機能や心電図などがこれにあたります。検体検査とは患者様から採取したものを測定することで、血液学・生化学・血清学・細菌・病理組織があります。

部長 斎藤一郎
中央検査室 主任 成田美恵
▲ ページ先頭へ