診療科目

病理診断科

病理診断科では、口の中にできた病変から採取された組織あるいは細胞を顕微鏡で詳細に検査し診断いたします。口にはウイルスや細菌が原因となり生じる様々な病変や癌化の危険性の高い前癌病変、さらには口腔癌や唾液腺癌といった極めて治療の緊急性が高い悪性の病変が認められます。当科では、これらの病変を鑑別し「確定診断」を行うことにより、担当医に最適な治療方針のアドバイスをしています。

診療責任者 伊藤由美
臨床教授 井出文雄
診療スタッフ 斎藤一郎
▲ ページ先頭へ