歯を抜く

抜かなくちゃダメ?

歯を抜かなければならない理由はいくつかあります。

早めに歯医者さんで治療を受ければ、抜かなくても済む場合もあります。
抜かなくてはいけない歯を残しておくと隣の歯にも影響がでることがあります。

たとえば3のような歯を残しておくと、隣の歯を支える骨まで溶けてしまい、隣の歯も抜くことになる場合があります。

『おかしいな』と思ったら、早めに歯医者さんへ。

主に保存科・口腔外科の先生が治療を行います。

1.ひどい虫歯 2.割れてしまった歯 3.ひどい歯周病で周りの
骨が溶けてしまった歯
4.前の歯を押したりきちんと生えない親知らず

歯が抜けてしまったら

歯が抜けてしまったら補綴物(ほてつぶつ)、すなわち、差し歯・銀歯・入れ歯・インプラントなどで補います。
歯の抜けた場所・数によって使える補綴物(ほてつぶつ)が異なります。
差し歯・銀歯・入れ歯・インプラントは主に補綴科・インプラント科の先生が行います。

歯が抜けたままにしていると?

『歯の1本や2本なくても大丈夫』と思わないでください。
そのままにしておくと、いろいろな障害がでてきます。早めに歯医者さんへ。
抜けた歯を補うのは主に補綴科・インプラント科の先生が行います。

かみ合う歯がのびる
あごが悪くなる
噛みにくく体調を崩す
隣の歯が寄る、傾く
入れ歯が入れられなくなる
かみ合わせが悪くなる
磨きにくく歯周病になる
▲ ページ先頭へ