歯科医師臨床研修

卒後臨床研修について

 歯科医師の卒後臨床研修の1年間は、国家試験に合格したばかりの歯科医師が、基本的な診療能力を身に付けるとともに、歯科医師人生の基盤を形成するための大切な時間です。鶴見大学歯学部附属病院は、臨床研修医の皆さんが充実した研修生活を送り、周囲の人達から信用される歯科医師として羽ばたける力を授けたい、という思いで誠心誠意指導に当たることをモットーとしています。
 一方、「教育では人は育たない、学ぼうとする者だけが成長する」と言う一流企業の創業者もいます。これは、「教育を受ける側に学ぼうという意識が無いと教育効果は期待できない」という意味だと思いますが、これを卒後臨床研修に当てはめると、研修医の皆さん自身が寸暇を惜しんで勉強し、できるだけ多くの臨床経験を積もうとする意欲と努力無くして成長は有り得ない、ということです。私ども病院スタッフ一同は、この言葉に素直に反応し一所懸命に頑張る研修医に対して、惜しみない支援を贈ることを約束します。
 さて、卒後臨床研修の最大の目的は、研修医の皆さんが、自身の診療能力を少しでも高めるべく一心不乱に研鑽を積むことです。それともう一つ、歯科医師としての将来的な展望を模索する大切な時期でもあります。当院は、国内外から高い評価を得ている多くの診療科を擁しており、研修医の皆さんが、専門性の高い診療や研究への取り組みに関する見聞を深める環境が整っています。興味ある診療科を訪ね、教授をはじめとする先輩の先生方に積極的にコンタクトすることで、各診療科の特性をより深く理解することができるでしょう。
 当院での卒後臨床研修を、歯科医師人生における最初の好機と捉え、診療能力の向上を図るとともに、歯科医師としての今後の進路を見極めるための一助として、最大限に活用されることを心より祈念しています。

2018年4月2日

鶴見大学歯学部附属病院長
濱田良樹
▲ ページ先頭へ