歯科医師臨床研修

卒後臨床研修にあたり

 歯科医師臨床研修制度は、歯科医師としての人格を涵養し、歯科医学および歯科医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に関わる疾病に適切に対処できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(知識、技能、態度)を身につけることを目的に、平成18年度から義務化されています。特に最近の卒前歯科医学教育においては、実質的な臨床実地を経験する機会が減少傾向にあることから、歯科医師免許の取得後に指導医の下で1年間の研鑽を積む卒後教育が非常に重要になってきています。
 研修とは各人が自らの知識や技術などを磨き修得することであり、特に職務に対する理解を深め、人としての礼節や調和を学ぶことでもあります。すなわち、免許取得後の最も歯科医師としての基礎が形作られるこの1年間こそ、歯科医師としての今後の方向性を決定づける非常に大切な研修期間となります。ぜひ本学の建学の精神に倣い、患者さんを筆頭に身の回りすべてに感謝の気持ちを持ちながら、誠実で前向きな姿勢を持ち続けていただきたいと思います。この1年間の研修を通して、患者さんの痛みや悩みをしっかりと受け止められる心優しい歯科医師になっていただきたいと希望します。
 本学は多くの患者さんのご協力を得て、臨床技能を重視する診療参加型の卒前臨床実習を実践している日本でも数少ない大学病院です。その延長線上に位置する卒後臨床研修においても、経験豊富で熱意のある指導医が任にあたるとともに、3つの充実した臨床研修プログラムを設定しています。若き歯科医師の研鑽の場として、まさに「臨床の鶴見」は最適な環境と言えるでしょう。さらに多数の優良な協力型施設にも恵まれており、皆様に向上心と積極性があれば、本学での臨床研修は必ずや有意義なものになると確信しています。
 国民は安全で良質な歯科医療を強く求めており、そうした要望に応える「良き歯科医師」の育成こそ、本学の使命と認識しています。本学では、多数の優秀な臨床医による歯科医学教育を実践するとともに、附属病院も従来型の歯科診療科だけではなく、専門外来も併設し、多様化する社会のニーズに応えるよう努めています。本学の臨床研修で研鑽を積まれ、「良き歯科医師」となることを関係者一同皆様に心から期待しています。

2017年4月1日

鶴見大学歯学部附属病院長
大久保力廣
▲ ページ先頭へ